読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

ミュンヘンがレインボーカラーに染まった日。

f:id:otto33:20150712165851j:plain

 

この1週間、ミュンヘン市内の一部エリアの信号が変身していました。

また、マリエンプラッツ周辺はレインボーカラーに!

f:id:otto33:20150712165948j:plain

f:id:otto33:20150712170026j:plain

レインボーフラッグは、

レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー (LGBT) の尊厳と社会運動を象徴する旗。

 

そう、レインボーフラッグに街が彩られたこの数日間、

ミュンヘンで毎年恒例のイベント、同性愛者に対する差別の撤廃などを訴える

Christopher Street Day(クリストファー・ストリート・デー)が開催されていたのです。

 

ドイツは2001年に同性婚が認められ、

現在は同性カップルによる養子受け入れも可能。

さらに、ゲイやレズビアンのカップルに対するいかなる差別も法律で禁じられているそう。

そんなゲイやレズビアンのカップルへ寛容な姿勢を持つドイツでは、

ベルリンやケルンなど全国各地でChristopher Street Dayのイベントが開催されているそうです。

 

7月11日(土)の午後からは、パレードも開催! 

f:id:otto33:20150712170314j:plain

各団体ごとに音楽をガンガンかけて、ノリノリ♪

f:id:otto33:20150712170513j:plain

ミュンヘンで有名なドラッグクイーン・BoBabachtzehnuhrさんも登場♪

f:id:otto33:20150712170633j:plain

ハンガー…。

f:id:otto33:20150712170551j:plain

世界的な自動車メーカーBMWがこのパレードに団体を出していたのには、ビックリ!!

f:id:otto33:20150712170716j:plain

アパートの窓からもパレードを覗きこむ人が!

f:id:otto33:20150712170802j:plain

カフェのお客さん達も、パレードを一目見ようと一生懸命!

f:id:otto33:20150712170829j:plain

パレードの大音量の音楽に観客も思わず踊り出し、街中がクラブ状態に♪

「日頃は割と真面目なのに、何かあるとノリが良い」というドイツ人のキャラクター、好きだなぁ♡

f:id:otto33:20150712170945j:plain

パレードに参加している人たちも、オープンで、気さく!

一人でパレードを眺めるアジア人の私(ツマ)にも、たくさんコミュニケーションをとってくれました。嬉

f:id:otto33:20150712171021j:plain

f:id:otto33:20150712171056j:plain

 

今回のイベント、

参加者のさわやかな笑顔と、楽しそうにしている姿がとても好印象!!

ミュンヘンは元々ドイツの中でも治安が良く、

ケルンなど他の都市に比べると「品の良さ」もあるそうですが、

Christopher Street Dayのイベントでもその「品の良さ」がうかがえました。

 

 

 ////////////////// 

私たち夫婦は、大学時代の同級生に

同性愛者であることを公言して、ジェンダー論の講義では自ら教壇に立ち、

学内のイベントでもドラッグクイーン仲間を集めてミラーボールをギラッギラさせながら

ステージに立つという、日本の大学としてはなかなか貴重なのではないかと思われる

友人がいました。最初こそかなり衝撃を受けたものの、

彼のおかげで、かなりフラットな考えを持つようになれたと思います。

同性愛や性同一性障害については、何の違和感もありません。

 

その友人がある日、

『薔薇族』というゲイのエロ本(?)を持っていたことがあったのです。

思わず「それはないわー」と言うと

彼が「あらやだ、そうやって『薔薇族』に偏見持つのよね~」と返してきて、

「いやいやいやいや、『薔薇族』だからダメとかじゃなく、

大学生にもなって学校にエロ本持ってきて広げるのは、ノーマルでもナシでしょ…」

そんなやりとりをしたことを思い出しました。

 ////////////////// 

 

 

この彼とのやりとりでもそうなのですが、

同性愛者への偏見って、同性愛自体への偏見というよりも、

ノーマルの方よりも奇抜なファッションをしている場合が多いことや

性の考え方にオープンすぎる方がいることに、ブラックな香りがしてしまうというか…。

 

その “ブラックな香り” が偏見を生み

同性愛者への偏見へと繋がってしまっている場合も多いのかなと思うのです。

(もちろんそうじゃない方もたくさんいるんですけどね♪)

 

 

実際、ケルンなどのパレードにはこの奇抜なファッションの極み、

“ほぼ裸” の方が多かったりするそう。

ミュンヘンは「品の良さ」からか、

目のやり場に困るようなファッションの人はそんなにおらず、

ブラックな香りが漂ってこない “平和な明るさ”

 

だからこそ素直に楽しめたし 、

同性愛者に対する差別の撤廃を訴える、良いイベントだなと思えたわけです。

 

 

って、ツマの主観がだいぶ入ってしまいましたが

このイベントは来年も開催される予定!

興味がある方は、ぜひ足を運んでみてください♪

 

Christopher Street Day(クリストファー・ストリート・デー)

■2016年の日程:PrideWeek 2016年7月2日~7月10日(パレードは7月9日(土)開催) ■URL:http://www.csdmuenchen.de/web/

 

 

f:id:otto33:20150630180023j:plain

f:id:otto33:20150713172544j:plain

7月13日のオット弁当:ブロッコリー、レバーケーゼ、だし巻き卵、パプリカのマリネ、マッシュルームと茄子のケチャップ炒め、キュウリとツナのサラダ、ごはん mit ゆかり

 

 

 

今日も遊びに来て下さってDanke schön!!

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村