読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

【デンマーク・コペンハーゲン】 2時間で大満足の雑貨屋めぐり!

f:id:otto33:20151108232611j:plain

 

ギリシャ旅の締めくくりは…なんとデンマークへの寄り道!大好きな北欧です!!

f:id:otto33:20151108231118j:plain

ギリシャ・アテネ → ドイツ・ミュンヘンへのトランジット

(でドイツを通り越すとはどういうこと!?という感じですが、直行便より安かったそう)

で、デンマーク・コペンハーゲンに寄ってドイツへ帰ってきました。

f:id:otto33:20151108231159j:plain

コペンハーゲンは、なんと空港から地下鉄1本15分で街中に出られるという好環境♡

2時間限定の、弾丸トラベラーです!

街に降り立った時にはすでに夕暮れ時で、街の景観は楽しめませんでしたが、

目的は雑貨屋さん巡り!

夕暮れなんてまったく気にせず、コペンハーゲンのショッピングの中心通り、

Strøget(ストロイエ)のお店を巡ってきました。

 

f:id:otto33:20151108233026p:plain  

f:id:otto33:20151108232756j:plain HAY House

まずは、デンマーク発のインテリアブランド「HAY」の旗艦店「HAY House」へ。ミュンヘンにも直営店がある「HAY」ですが、さすが本場の規模です!

f:id:otto33:20151108232918j:plain

ビルの2フロア(2・3階)丸ごとという広い店内で、素敵な家具・雑貨・文房具と出会えます。

f:id:otto33:20151108232937j:plain

ビルの入り口からお店までのアプローチがすでに素敵!!

f:id:otto33:20151108235350j:plain

カラーごとに分類された文房具や小物雑貨。

日本製のおなじみ文房具なども見つけて、嬉しくなっちゃいました。

f:id:otto33:20151108235415j:plain

いつか絶対に欲しい「HAY」の幾何学トレー “kaleido” も種類豊富♪

f:id:otto33:20151108235445j:plain

ダークオレンジの手すり枠が素敵な階段を昇って上のフロアへ!

f:id:otto33:20151108235515j:plain

上(3階)のフロアには、素敵にディスプレイされた家具がたくさん!

f:id:otto33:20151108235537j:plain

もうたまらなく素敵な空間になっています。

f:id:otto33:20151108235556j:plain

このフローリングに、この高い天井に、このインテリア…。

ここに住みたい!! ジタバタ

 

HAY House(ヘイ ハウス)

■所:Østergade 61  ■営:10:00~18:00(土曜 ~16:00) ■休:日曜 ■URL:http://www.hay.dk/#/site/furniture/new ■こちらのサイトでもお店の素敵な写真が見られます:HAY House - hipshops in Copenhagen

 

 

 

f:id:otto33:20151108232756j:plain Royal Copenhagen

デンマークの王室御用達陶磁器メーカー「Royal Copenhagen」。高級食器にはあまり興味がない私たち夫婦ですが、“せっかくコペンハーゲン来たし、まあ一応ね” と立ち寄ったらビックリ!コペンハーゲンでの一番の発見は、「Royal Copenhagen」の素敵さでした。

f:id:otto33:20151109001334j:plain

店内は変な重々しさがなく、それでいてシンプルにオシャレ!

f:id:otto33:20151109001356j:plain

クリスマスに向けたコーディネートが施されていて、うっとり♡

f:id:otto33:20151109001415j:plain

食器だけでなく、店内で販売されていたツリーやオーナメントも、

さりげなさとオシャレさのバランスがたまらないものばかり!もぅ、全部ほしい♡

f:id:otto33:20151109001439j:plain

日本の古伊万里染付から大きな影響を受けたとされる「Royal Copenhagen」は、

手描きによるコバルトブルーの絵柄が特徴なんですって。

f:id:otto33:20151109001504j:plain

過度な煌びやかさがないのでカジュアルにも使え、

けれども、ロイヤルの称号に恥じない上品さもあるのでフォーマルにも使えそう!

f:id:otto33:20151109001554j:plain

ゴールドのカトラリーも素敵!

日本帰国時の引っ越し代はもちろん自腹な私たちにとって

今食器を買うのはNGですが、いつかは絶対買いたい食器に出会えました。

 

Royal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン)

■所:Amagertorv 6(「Illums Bolighus」に隣接) ■営:10:00~ 19:00(土曜 ~18:00、日曜 ~16:00)

 

 

 

f:id:otto33:20151108232756j:plain Illums Boligus

デンマークの王室御用達といえば、こちらも忘れてはいけない「Illums Bolighus」。インテリア専門デパートとして大きな家具から小物雑貨はもちろん、そんな素敵なインテリアに囲まれた暮らしに馴染むお洋服やアクセサリーも揃っています。

f:id:otto33:20151109002326j:plain

吹き抜けの空間×白壁×木目×ゴールド…。お店自体が、はぁ素敵♡

f:id:otto33:20151109002153j:plain

f:id:otto33:20151109002119j:plain

ここで迷いに迷って、あるものを買っちゃいました。詳しくはまた後日!

 

Illums Bolighus(イルムス・ボーリフース)

■所:Amagertorv 10(「Royal Copenhagen」に隣接) ■営:10:00~ 19:00(土曜 ~18:00、日曜 11:00~17:00) ■URL:http://www.illumsbolighus.com/

 

 

f:id:otto33:20151108232756j:plain Søstrene Grene

日本でデンマーク発のプチプラ雑貨ショップとしては「Flying Tiger Copenhagen」が有名ですが、こちら「Søstrene Grene」もとても魅力的! 「Flying Tiger Copenhagen」がキッチュなカラフルさが魅力なら、「Søstrene Grene」はやさしいトーンでナチュラルな雰囲気が魅力です。2013年12月には日本(千葉県)にも出店しています。

f:id:otto33:20151109002446j:plain

どれもこれも可愛い物ばかりで目移り! 一部食品の取り扱いもありました。

f:id:otto33:20151109002423j:plain

店内の内装もオシャレ♪

f:id:otto33:20151109002520j:plain

本当に安かったので、お買い上げ!これだけ買っても7ユーロ程度。

 

Søstrene Grene ALL OVER THE WORLD(ソストレーネ・グレーネ)

■所:Amagertorv 24 ■営:10:00~ 19:00(土曜 ~18:00、日曜 11:00~17:00) ■URL:http://www.grenes.dk/

 

 

 

まだまだ行ってみたいお店はあったけど、駆け足だったけど、

大満足のデンマーク弾丸トラベルでした。

取り扱っている商品はもちろんのこと、お店の内装自体が素敵!

特に、金属(という表現が正しいかはわかりませんが)ゴールドが多用されている感じが素敵!

ほら、「HAY House」のお店へ続く階段にも、「Illums Bolighus」のエスカレーターにもぉぉぉ!

 

心が満たされましたっ。

 

f:id:otto33:20151108233026p:plain

 雑貨屋巡りの後に…

 

Søstrene Grene」でプチプラ雑貨を買って、ホクホクしながら歩いていると、

闇夜に、アレを発見しました!

f:id:otto33:20151108233052j:plain

セブンイレブンーーーー!!!

日本にいたらどおってことないのでしょうけど…コンビニがないドイツで暮らしてると感動!

 

ちょうどお腹がすいていたので、食べる物を買うことに。

f:id:otto33:20151108233146j:plain

すると、お水とサンドイッチひとつだけで7ユーロ以上するじゃないですか!!

ほかのパンとかもすべて高い…。

プチプラの雑貨屋さんで心をホクホクさせていましたが、そうだ、ここは北欧でした!

やっぱり、物価が高いーーー!!

 

行きのミュンヘン→アテネの便はルフトハンザで、

2時間の搭乗でもしっかり機内食出たし、ワインもビールも楽しめたので、

この日、3時間乗ったアテネ→コペンハーゲンの便にも機内食に期待していた私たち。

お腹をすかせてアテネを出発してしまったのです。

ところがこの便がLCCだったようで、無料サービスはコーヒー・紅茶のみ!

物価の高い北欧で空腹ピークだなんて、OH NEIN!

アテネなら50セントとかでパン買えるのに…。

「クルーリー」買い込んで飛行機乗ればよかったよ…。もう。

 

という物価の高さへの悲しみを差し引いても、

けれども、やっぱり素敵な北欧なのでした。

滞在費にお金がかかる北欧、

トランジットで数時間滞在するぐらいがちょうどいいのかもしれませんね。

その際は、物価の安い国でお腹いっぱいにしておくことをお忘れなく!笑

 

 

 

最後まで読んで下さってTAK!! これで秋旅ブログは完結です!

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村