読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

大晦日までの3日間限定、花火の販売解禁!

f:id:otto33:20151229235613j:plain

 

昨日(29日)から大晦日までの3日間、

日頃販売が禁止されているものがお店に並びます。

それが、ドイツの大晦日に欠かせないアイテム、打ち上げ花火

f:id:otto33:20151229235633j:plain

街中が閑散とする静かなクリスマスから一転、

ドイツの大晦日は多くのお店でカウントダウンパーティが開催されるそうで…

賑やかに楽しむものなのだとか。

そして、いよいよ年越しを迎える24時近くになると、街中のいたる所で花火が打ち上げられます。

 

ベルリン・ブランデンブルグ門の花火は日本のニュースでも流れるほど有名ですが、

ミュンヘンやフライジングでも花火の打ち上げは大晦日の恒例行事。

 

打ち上げられるのは、プロによる花火ではなく、素人によるものです。

ですが、日本人の感覚だと素人が上げちゃダメでしょ!と感じる激しい花火ばかりで、

それをカウントダウンパーティで酔っぱらった人が、ハイテンションに打ち上げるからタチが悪い…。

(個人による花火の打ち上げが許されるのは、大晦日に限られています。)

 

百聞は一見に如かず。去年撮った動画をどうぞ ↓

(動画の再生は、中央部分にカーソルを持っていくと ▶[再生ボタン]が現れるので、そちらを押してください)

 

酔っぱらって勢いに任せてロケット花火に火をつけるんです。

方向なんて定まっていませんからね。右へヒュン!左へヒュン!目の前でバンッ!

知人の話によると、打ち上げられた花火が顔を直撃して怪我したり、

着て行ったコートに穴が開いたり、なんてこともあるようで…。

確かに去年見に行った経験からすると、容易に信じることができるエピソード!

ほぼ、テロですよ、テロ!!

見に行く予定の皆さん、くれぐれも安全第一でお気を付けくださいませ。

 

オットはきっと今年も見に行きたいと騒ぐんだろうなぁ。

私(ツマ)としては、もうマジ勘弁。今年は大人しくしていたいデス…。

 

 

 

皆さんも新年に向けて準備はOKですか??

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村