読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

ドイツ一軒家の雪かき事情。

f:id:otto33:20160119190135j:plain

 

ひさしぶりに本格的に雪が降った先週末。

気温が低いので、木曜日になった今もまだ残っています。

 

土曜日の夜から降り続いた雪。

お寝坊の日曜日は、ガガガガガッ~!ザザザザザッ~!という音で目覚めました。

家の外で、家主のおじいちゃんが雪かきをする音です。

 

ドイツでは、

暮らしている家の前の雪かきを行わず

それが原因で通りがかりの人が滑ってけがをした場合、

雪かきをしなかったその家の家主の責任 になるのだそう。

 

長年この土地で暮らしているじいちゃんは、そういうルールは大切にしています。

きちんと守ります。なので、御年79歳でも、朝からしっかり雪かき!

 

ですが、“自分の家の前を” という部分もきっちり!

 

冒頭の写真がその様子なのですが、

あまりにきっちり区切ったじいちゃんの仕事っぷりに、思わず笑っちゃいました。

 

我が家前はじいちゃんの雪かきのおかげで滑らず助かっています♪

が、アパートになっている家の前は雪かきが行われておらず滑るし…

歩道を歩くにも一苦労。

九州育ちの私たちにとっては、貴重な雪国ライフですが、

滑りやすい歩道は…もういいかな。笑

 

今シーズン、あと何回雪かきが必要になるのでしょうか!?

 

 

 

今日も寒さに気をつけて1日お過ごしください☆

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村