読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

【パッサウ】 ドナウ川、イン川、イルツ川に囲まれた素敵な港町

f:id:otto33:20160315211919j:plain

2015年夏旅の話です。

 

去年7月、Straubing(シュトラウビング)という街にあるフローリストマイスター学校の

卒業作品展示会を見に行く機会がありました。

f:id:otto33:20160315235114j:plain

朝早くに出かけたので、じっくり展示会を見て回ってもまだ時計の針はお昼頃。 

せっかく1日乗り放題の切符(バイエルンチケット(Click!!)を買っていたので、

このまま家に帰るのはもったいない!とそこからさらに電車で1時間。

 

バイエルン州の東に位置し、オーストリアやチェコとの国境を接している街

Passau(パッサウ)へ行ってきました。

f:id:otto33:20160315212007j:plain

パッサウ中央駅(Passau Hauptbahnhof)を降りると割とすぐに市街地が広がっています。

f:id:otto33:20160315213459j:plain

フライジングとは比べ物にならない大きな街で、とっても素敵!

f:id:otto33:20160315212042j:plain

パッサウの特徴は、ドナウ川(Donau)、イン川(Inn)、イルツ川(Ilz)に囲まれた水の都ということ。

そして、川の合流を自分の目でしっかりと見られるポイントがあることです。

f:id:otto33:20160315212318j:plain

↑ ここ! 水の色が違うの、分かりますでしょうか?

左がドナウ川・イルツ川から流れてきた水、右がイン川から流れてきた水です。

水はすぐに混ざり合うのではなく、じっくり時間をかけて混ざり流れていくのですね。

川沿いの遊歩道を散策することもできますし、

動き回らずに、木陰に座ってこの川をぼぅっと眺める人もたくさんいました。

f:id:otto33:20160315212728j:plain

ここパッサウの旧市街地は、この川に囲まれた街。

隣国オーストリア・ウィーンとパッサウを結ぶ旅客船も出ているだけあって、

海からは遠く離れているにも関わらず、さわやかな港町の雰囲気を感じます。

川を渡って国を超えるって、すごいなぁ~!

f:id:otto33:20160315212407j:plain

なんだか、ドイツというか、イタリアとかギリシャみたい。← 思い込み!?

f:id:otto33:20160315212423j:plain

建物の雰囲気も、 

f:id:otto33:20160315212345j:plain

看板も!やっぱりイタリアとかギリシャみたい。←しつこい。笑

 

海から遠く離れた場所で暮らしていると、こんな港町の雰囲気がより一層魅力的に映ります♪

ドイツの端っこの街だから、小さい街だろうと思い込んでいたのですが(失礼)

もっともっと時間をかけて散策してみたい、本当に素敵な街でした。

 

 

 

今日も遊びに来て下さってDanke schön!!

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村

\\ ドイツ旅行の計画、立ててみませんか? //