読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

【フュッセン】 夏の日帰りノイシュバンシュタイン城観光!

f:id:otto33:20160315214253j:plain

2015年夏旅の話です。

 

ノイシュバンシュタイン城といえば、日本人にとっても大人気の観光地。

ディズニー「眠りの森の美女」に登場するお城のモデルとしても有名ですよね。

 

観光客向けには、ミュンヘン発着のツアーもたくさん出ていますが

低コストで行くなら「バイエルンチケット(Click!!)が断然お得!

昨年夏、私たちも日本から遊びに来てくれた友人と一緒に出かけてきました。

 

まずそのアクセスは…

花 ミュンヘン中央駅(München Hauptbahnhof)

 ↓

 ↓ 電車バイエルンチケットでバイエルン州の南へ!

 ↓

花 フュッセン駅(Füssen)

 ↓

 ↓ バス(78番 / バイエルンチケットが引き続き使えます)

 ↓

花 バス停「Hohenschwangau / Alpseestraße」

 ↓ ※ ノイシュバンシュタイン城のチケット売り場最寄りのバス停です

 ↓

花 チケット購入

 ↓

 ↓ チケット売り場からは… ①バス(有料)②馬車(有料)③徒歩 のいずれかで!

 ↓ ※ この区間のバスは、バイエルンチケット使用不可です

 ↓

花 ノイシュバンシュタイン城

 

乗り換えが多く、一見アクセスが難しそうにも感じられますが、ご安心を!

フュッセン駅で電車からバスへ乗り換える人のほとんどが、ノイシュバンシュタイン城行きの人。

後ろをついて行けば、たどり着けます。笑

 

 

ただ、ひとつポイントが。

ノイシュバンシュタイン城へのチケットを事前に購入していない場合は、

バス停「Hohenschwangau / Alpseestraße」でバスを降りたら猛ダッシュしてください!

というのも、とにかくチケット売り場が大混雑。

ここで並ぶ行列を少しでも短くするなら、バス停「Hohenschwangau / Alpseestraße」で

バスを降りた人の中でせめてトップバッターになることをオススメします。

 

その情報を知っていた私たちは、この日超気合を入れて、バスを降りたら猛ダッシュ!

この情報を知っていた人たちが少なかったようで、

同じバスを利用した人の中でトップバッターにチケット売り場に到着しました ↓

f:id:otto33:20160315214355j:plain

この時点でまだ朝10時ごろ。

ですが、超長蛇の列!チケットを買うのに1時間ぐらい並び、

そして購入できた「ノイシュバンシュタイン城」入城チケットは

なんと17:10スタートのものでした。わぉー!

同じバスで到着してもチケット売り場の並び順が最後尾になった人は、18時台のチケットになったかも…。

 

 

チケット購入後、入城までの時間がたっぷりある場合は、

ここで一度フュッセン駅周辺へ戻って街散策を楽しんでも良いと思います。

私たちはワケあって…このままこの周辺で時間をつぶすことに。

f:id:otto33:20160315214600j:plain

チケット売り場付近から、はやくもホーエンシュヴァンガウ城をのぞむことができます。

後にノイシュバンシュタイン城を築くルートヴィヒ2世が幼少期を過ごした場所です。

f:id:otto33:20160315214536j:plain

ホーエンシュヴァンガウ城の麓にひろがるアルプ湖。

f:id:otto33:20160315214624j:plain

シュヴァン(白鳥)も優雅に泳いでいるし…子ども達も元気に水遊びを楽しんでいました。

気持ち良い景色ですね~。

 

 

さて、山の上にあるノイシュバンシュタイン城に向けて出発!

f:id:otto33:20160315214709j:plain

チケット売り場からお城へのアクセスは、

①バス(有料)②馬車(有料)③徒歩 のいずれかの方法がありますが、

木漏れ日が気持ちよく、軽い気持ちで徒歩を選択しました。

 

「入城までまだまだ時間があるけど、一旦お城入口まで登ってみて、かかる時間を把握して、

まだ時間にゆとりがあれば一旦下って、フュッセンの街中に遊びに行けば良いか~!」

と軽い気持ちで出発したのですが…

f:id:otto33:20160315214745j:plain

暑い…!結構大変…!一度山を下って再度来るとかもう無理!!

で、山を下ってフュッセン街中にくり出すのを諦め、

この周辺で時間をつぶすということになったのです。おほほ

f:id:otto33:20160315214922j:plain

40~50分登ったところで、お城が見えてきました。 

f:id:otto33:20160315214840j:plain

もう山を下る元気はないので、山の中腹にあるレストランで休憩! 

ドイツに遊びに来てくれた友達と一緒だったので、がっつりドイツ料理です。

日頃オットと二人で出かけると節約のためレストランに入ることはないので、

私たちにとっても、貴重なドイツ料理。美味しくいただきました。笑

f:id:otto33:20160315215250j:plain

ずいぶん高く登ってきたのですね~♪

ルートヴィヒ2世もこの景色が見たくてここにお城を築いたのかな、

なんて時代を超えた思いを巡らせてみたり。 

f:id:otto33:20160315215313j:plain

そんなこんなで、結構汗だくになってお城の入り口に到着です。 ふぅ!

自分の入城時間を待つ人たちがたくさん。

f:id:otto33:20160315215331j:plain

そう、このお城に実際に足を運んでビックリしたのですが…、

ノイシュバンシュタイン城の有名な絵面といえば

冒頭の写真のように山の上にお城が佇む様子ですが、

チケット売り場からお城まで登る3方法 ①バス(有料)②馬車(有料)③徒歩 のうち

②馬車 or ③徒歩を選択すると、冒頭の写真のような景色に辿り着く前に

なんとお城の目の前を通過するんですよね~。出オチ感ハンパないっす。

 

というわけで、お城の目の前を通過してさらに10分ほど進むと…

f:id:otto33:20160315215354j:plain

出た!高所恐怖症の私には大迷惑なノイシュバンシュタイン城観光スポット、マリエン橋です。

(チケット売り場からお城まで登る3方法の中から、①バスを選択すると

このマリエン橋の麓にいきなり到着するので、お城の目の前を通過せずに済みます)

f:id:otto33:20160315215417j:plain

そうして、ついにこの景色~!

マリエン橋からのぞむノイシュバンシュタイン城です。 

マリエン橋(吊り橋)怖すぎて、高所恐怖症のツマ、足元見れません。涙

 

f:id:otto33:20160315215441j:plain

高所恐怖症を乗り越えマリエン橋からの景色を堪能したのち、

ふたたびノイシュバンシュタイン城へ戻ってきました。

f:id:otto33:20160315215502j:plain

ようやく入城時間です!

入城する際はツアーガイド(英語・ドイツ語のみ)とオーディオガイドがあるのですが、

オーディオガイドには日本語もあります。

お城内の写真が撮れないので詳しくご紹介できませんが、豪華絢爛。

シュヴァン(白鳥)がモチーフになったマークやバイエルン王国柄が溢れていました。

満足。

 

でもこのお城のハイライトは、やっぱり外観。

f:id:otto33:20160315220209j:plain

この景色…ですよね。笑

 

休日にノイシュバンシュタイン城へ行くことを検討する場合、

朝フュッセンに到着しても夕方入城のチケットしか購入できない可能性大なので、

この外観だけ見て、あとはじっくりフュッセンの街観光に繰り出しても良いかもしれません!

時間の使い方をあらかじめ検討して出発されることをオススメします。

今年ノイシュバンシュタイン城観光を計画されている皆さまの参考になれば幸いです。

ぜひ楽しんでくださいね~☆

 

 

 

今日も遊びに来て下さってDanke schön!!

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村

\\ ドイツ旅行の計画、立ててみませんか? //