読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

【クロアチア・ドゥブロヴニク】 オススメお土産&食べ物まとめ。

f:id:otto33:20160528223236j:plain

■ドブログニク?ドブロブニク?ドブロヴニク?ドゥブロヴニク?ドブロヴニク?…の旅の記録の続きです。

1)世界遺産の街、旧市街地を散策♪ 

2)天気に翻弄された、絶景スポット観光。

3)アドリア海が目の前に!旧市街地の城壁ウォーク。

 

 

ドゥブロヴニクで過ごした2泊3日は、

旧市街地内散策 → スルジ山から旧市街地を見下ろす → 旧市街地の城壁を歩くという

狭いエリアをグルグルして終えてしまいました。 

見える景色がとても贅沢なのでそれで大満足の旅でしたが、もうブログに綴るネタはない!! 笑

せっかくの「ド・観光地」なので、街を歩いて見つけたオススメお土産&食べ物を

最後にご紹介して、ドゥブロヴニクブログをお終わりにしたいと思います~☆ では!

 

まずは、お土産から。

 

f:id:otto33:20160529004139j:plain UJE

f:id:otto33:20160528223529j:plain

ドゥブロヴニクの街なかを歩いていて見つけた「UJE(ウイエ)」というお店。

クロアチア発のオリーブオイルやハーブミックス、ジャム、コスメ用品などのブランドです。

白い陶器に入ったオリーブオイルなど、パッケージもオシャレで素敵!

旧市街地内に数店舗見つけたので、足を運びやすいと思います。

 

 

f:id:otto33:20160529004139j:plain aqua

f:id:otto33:20160528223542j:plain

こちらの「aqua」も旧市街地内で何店舗か見つけた、マリンテイストのお店です。

港町にはボーダーが似合いますね♪

Tシャツ、ワンピース、水着、タオル、雑貨などお土産にぴったりのアイテムがたくさん揃っています。

 

f:id:otto33:20160525062705p:plain

 

続いては、食べ物のこと。

 

f:id:otto33:20160529004206j:plain LAJK Restaurant Dubrovnik 

f:id:otto33:20160528223824j:plain

旅先では節約のためにほとんどレストランに入らないので、あまり数多くご紹介できないのが残念ですが…

唯一入ったレストランがこちらでした。

f:id:otto33:20160529002142j:plain

こちらのツナステーキ ↑ が美味しいと評判のようで、頼んでみたら確かに美味しかった!

分厚いマグロがレアに焼き上げられていて、口の中でとろけました。

でも高いんですよね~。パンやサラダは付いていなくて、1皿20ユーロ(もしくは146クーナ) 涙

f:id:otto33:20160529002205j:plain

こちらはイカフライ!小ぶりのイカに味のついた衣がついて、サクサクぷりぷりの食感です◎

ポテトは厚めにスライスされたフライで、フライドポテトとポテトチップスの間という感じ。

こちらはボリュームが感じられて、これだけでもお腹一杯に! 1皿15ユーロ(もしくは108クーナ)

f:id:otto33:20160529002050j:plain

まだ新しいお店のようですが、旧市街地の趣あるレストランエリアに位置しています。

店員さんの対応が皆さんとても気持ちが良く、素敵な時間になることうけあい!

また、お会計時には次回利用の割引券がもらえます。

朝食やランチなど、タイミングをずらしてもう一度足を運んでも良いかもしれませんね♪

 

LAJK Restaurant Dubrovnik

■所: Prijeko 4 | Center of the old city Dubrovnik, Dubrovnik 20000 ■営:8:00~24:00 ■URL:http://www.lajk-restaurant-dubrovnik.com/#_=_

 

 

f:id:otto33:20160529004206j:plain Lokanda Peskarija

f:id:otto33:20160529002348j:plain

こちら(白いパラソルがあるところ)は旧市街地内の港にあるレストラン。

鉄鍋に入れられたまま提供される豪快なシーフード料理が人気を集めているようです。

シーフードリゾット(99クーナ)に定評があり、足を運んでみようと思っていましたが、

港沿いのお店でディナータイムはまだ肌寒く、断念!

結局私たちは利用していないお店なのですが…、メニューも日本語が用意されているので便利です。

それにしても、貝・エビ・タコ・イカが嫌いなオットとの二人旅。シーフードのメニュー選びに困る~。笑

鉄鍋に盛られた豪快料理なら、シーフードリゾットとエビ料理を1つずつ頼んでシェア!とかがベストなのに、

そういうことができないのです…。うぅ…。ツライ。

 

Lokanda Peskarija

■所:Na Ponti bb, Dubrovnik 20000 ■営:ホームページで営業時間を見つけられませんでした ■URL:http://www.mea-culpa.hr/#_=_

 

 

f:id:otto33:20160529004232j:plain Panorama RESTAURANT & BAR

f:id:otto33:20160529004101j:plain

旧市街地を一望するためにロープウェーでスルジ山へ登った時に利用したカフェ。

私たちは飲み物だけの注文でしたが、しっかりとお食事をいただくことも可能です。

室内とテラス席どちらもありますが、お天気が良ければテラス席が絶対オススメ!

海沿いの席を確保できれば、贅沢な景色を堪能できること間違いなしです。

 

Panorama RESTAURANT & BAR

■所:Cable Car | Upper Cable Car Station, Dubrovnik 20000 ■営:6~9月 9:00~夜中、4・5・10月 9:00~20:00、11~3月 9:00~17:00(屋外テラス席は、天候により営業時間が異なります)

 

 

f:id:otto33:20160529004248j:plain milnar

f:id:otto33:20160529002414j:plain

ミュンヘンにも2015年に進出してきた、クロアチア発のベーカリーショップ「Mlinar」

f:id:otto33:20160529002432j:plain

レストランばかりには足を運んでいられない私たちが今回足しげく通ったのが、

旧市街地内にあったこちらのパン屋さんでした。 

f:id:otto33:20160529002456j:plain

春巻きとパイの間のような、カリッとモチッと生地&中身がベストマッチの

クロアチアパン・ブレク(15クーナ)。

お肉・チーズ・ホウレンソウ・りんごと色んな味をいただいたのですが、

朝・昼・夕いつ通っても温かいブレクにありつけました。美味しかった~!

 

 

f:id:otto33:20160529004306j:plain tuttobene fastfood

f:id:otto33:20160529002527j:plain

ドゥブロヴニク旧市街地には、マクドナルドやケンタッキーのような

ファストフードのチェーン店がありません。

こちらは、ケバブ・サンドイッチ・ピザ・チキン・ポテトなどを店内でも持ち帰りでもいただけ、

お手頃価格で簡単な食事を!という場合に利用できる、貴重なファストフード店です。

 

 

f:id:otto33:20160529004329j:plain KONZUM

f:id:otto33:20160529002544j:plain

旧市街地は景観を重視してか、スーパーマーケットもひっそりと。

お水などはほかの売店で購入するよりも、スーパーで購入したほうが安いと思います!

 

 

f:id:otto33:20160529004329j:plain  青空マーケット

f:id:otto33:20160529002557j:plain

お土産選びをしている観光客の方で賑わっていた、グンドリッチ広場の青空マーケット。

ラベンダーのポプリやオイル、ドライフルーツなどが売られていました。

 

 

f:id:otto33:20160529004358j:plain ドイツでもおなじみ、dm

f:id:otto33:20160529002614j:plain

旧市街地のすぐそば(ピレ門前)でdm(ドラッグストア)を発見!

スキンケア用品など、旅行に忘れ物をしてもノープロブレムです。

 

f:id:otto33:20160525062705p:plain

 

と、駆け足でご紹介してきたドゥブロヴニク。

そうそう、「魔女の宅急便」のモデルになった街というのもここを旅先に選んだ理由のひとつでした。

 

実際に足を運んでみると…

ドゥブロヴニクの建物は白い石壁 × オレンジの屋根に統一されてるので、街中の景色は違うなという印象。

街中はスウェーデン、エストニア、ポルトガルなど別の街をモデルに描かれているのかもしれませんね♪

f:id:otto33:20160522015552j:plain

それにしても…「グーチョキパン屋」は、やっぱりドイツテイスト!!

 

けれども!!

f:id:otto33:20160529003131j:plain

高いところから見渡すこの景色は、モデルの街といわれるのも納得です♪

f:id:otto33:20160522013132j:plain

ほら。いかがでしょう??

ジブリファンの方にはぜひ一度足を運んでもらいたい、素敵な街でしたよ。

 

この旅も終えて、さらに帰国が近づいてきた気がします。

さあ、残された時間はあと2カ月。がんばろー!

 

 

 

最後まで読んで下さってhvala!! 次回からドイツの記事に戻ります♪

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村