読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

携帯電話の解約がとってもとってもとっても面倒くさい問題。

f:id:otto33:20160605045644j:plain

 

まずはちょっと前置きをば。

ドイツ在住の方は、ご存知だと思いますが…、ドイツ語には「Ach so」という言葉があります。

「アック ゾー」と発音しますが、「ク」の部分はクとハの間の音と言いますか

文字にしづらい音で…「アッソー」と聞こえたりも。

そして、意味はなんと日本語の「あっそー!(あら、そうなの!?)と似たような感じで、

日頃は非常に難しく感じるドイツ語に親近感を抱ける言葉です。

 

f:id:junifest:20150123053611p:plain 

 

で、ここからが本題。

帰国に向けて、オットがもろもろの解約手続きをはじめたのは2月のことでした。

 

ドイツの解約手続きは、解約より3カ月前までに行わなければなりません。

7月末に帰国を迎える(すなわち、そのタイミングでもろもろを解約したい)私たちは

本来であれば、4~5月に解約手続きを行えば良かったのですが、

そのタイミングはオットも学校が忙しいということで

比較的落ち着いていた2月から取り掛かっていました。

 

保険の解約手続き、ネットの解約手続き、銀行口座の解約手続きはそれなりに順調に進み…

問題は、携帯電話ですよ。

 

オットが、解約手続きをしたい旨を連絡する。

 ↓

解約の理由を聞かれ、日本に帰国するためと伝えると、渾身の「アッソー!」が飛び出しつつも、「それなら仕方がないから、解約の書類を1週間以内に送るわね」と言われる。

 ↓

書類がなかなか届かない。

 ↓

書類が届かず、オットが再び携帯会社に連絡をする。

 ↓

解約の理由を聞かれ、日本に帰国するためと伝えると、渾身の「アッソー!」が飛び出しつつも、「それなら仕方がないから、解約の書類を1週間以内に送るわね」と言われる。(2度目!)

 ↓

書類が到着。

 ↓

書類の封を開けると「あなたたちが解約しないためのグッドアイデアがあります。こちらに連絡して!」と書いてある。(=解約理由を、他社への乗り換えだと思われている。欲しい書類が入っていない)

 ↓

「グッドアイデアとかどうでもいいんだって…もー!」とため息をつきながら、オットが再び携帯会社に連絡をする。

 ↓

解約の理由を聞かれ、日本に帰国するためと伝えると、渾身の「アッソー!」が飛び出しつつも、「それなら仕方がないから、解約の書類を1週間以内に送るわね」と言われる。(3度目!)

 ↓

書類が届く前に、携帯会社から「解約理由をきかせて」と電話がかかって来る。

 ↓

電話で解約の理由を聞かれ、日本に帰国するためと伝えると、渾身の「アッソー!」が飛び出しつつも、「それなら仕方がないから、解約の書類を1週間以内に送るわね」と言われる。(4度目!)

 

もうね、無限のループ!! 爆笑

「アッソー!」はいいから、きちんと働いてくれっ。

電話対応、解約手続き、書類発送とそれぞれのスタッフの連携が取れていないのでしょうね…。

こういう状況に、もうなんだかすっかり慣れてきて、

「あー、ドイツっぽいわー」という冷ややかな感情しか湧いてきません。笑

いや、私(ツマ)は何も対応していないんですけどね。

 

結局(ここに書いていないことも色々起こり)4カ月オットががんばって対応し、

ようやくだいぶ解約手続きの光が見えてきました。

そもそもの常識通り、解約の3カ月前に手続きをはじめていたら、どうなっていたんでしょうね…。

これからドイツ暮らしをはじめる方には、声を大にして言いたい。

期限付きドイツライフの携帯は、プリペイドSIMに限ります!ほんとに。

じゃないと、この面倒くさい解約がいつかあなたの身に降りかかることでしょう…。Nein.

 

 

 

今日も遊びに来て下さってDanke schön!!

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村