読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

【フィンランド・ヘルシンキ】 「ただいま」と言いたくなる、大好きな北欧の街。

f:id:otto33:20160720014718j:plain

 

「Moi moi!!(モイモイ!)」

フィンランドで交わされるフランクな挨拶の響きが可愛らしい♪

 

2度目のフィンランド・ヘルシンキ、

前回ほど街並みに息をのむことはなくなった(だってあの時は初ヨーロッパでしたから)けど、

やっぱり好きです。

f:id:otto33:20160720015420j:plain

街並みもフランスのような「ザ・ヨーロッパ」なデコラティブさはなく、

シンプルだけど、けれどもドイツのような無骨なシンプルさとは違って、

さりげないオシャレさがあります。カッコ良い! 

特に今回、ヘルシンキのアパートの玄関の素敵さにハマってしまって、

一軒一軒写真におさめたくなり(けれども写真のスキルが追いつかず)大変でした。笑

f:id:otto33:20160720134628j:plain

 

さて、そんなフィンランド・ヘルシンキ。

映画「かもめ食堂」のロケ地としても有名で、日本人観光客が数多く足を運ぶ街です。

映画で見た憧れの場所に行ってみたい♪

また、大好きなブランド「marimekko」や「ittala」のお買い物を楽しみたい♪

そんな思いで旅行先にフィンランドを選ぶ方も多いと思いますが、

実際、ヘルシンキは日本人にとって、とても旅行しやすい場所だと感じます。

 

花 wi-fiがいろんな場所で繋がる → テナントビル、地下鉄、街中、カフェ、本当に色んなところでwi-fiが繋がるヘルシンキ。おかげで行先をすぐに検索できるので、街歩きがとっても楽チンでした。

花 日本から最も近いヨーロッパ → 「北欧」というと北の果ての地として日本からはるか遠い場所に感じられてしまいがちですが、実は、ヨーロッパの中でもっとも飛行機の運行時間が短く到着できる国が、フィンランドです。ドイツで直行便だと11~12時間程度ですが、フィンランドは9時間程度。しかも、フィンエアーによる直行便が近年充実してきているので、実はなかなか行きやすい国なのです。

花 夜がいつまでも明るい → ミュンヘンでも夏は21時半ごろまで外が明るく、ビックリしていたものですが、こちらは現在の日の入り時刻が22時半ごろ。本当にずっと明るい!! 夜でも安全に街歩きを楽しめます。(その分、冬は本当にあっという間に日が暮れてしまうんでしょうね~。涙)

花 日本で大人気北欧ブランドのお買い物が楽しめる → フィンランドといえば、ムーミン、マリメッコ、イッタラ…。日本で大人気の雑貨がフィンランドには溢れています。それらを生み出す地フィンランドには、アウトレットショップもあるので、なおのことお得にお買い物を楽しめます。

花 街がきれいで、治安も良し → 街歩きをしていて、イタリアやスペインのような「スリ」の危険を感じることはあまりありません。

花 意外と物価が高くない → 「北欧は物価が高い」と言いますが、そして、実際以前トランジットで立ち寄ったデンマークやオットが学校の研修で滞在したノルウェーは物価が高くて大変でしたが、ヘルシンキはミュンヘンとそれほど変わらなくてビックリ!(以前着た時は、タイに滞在した後だったので、急に物価が高く感じたのでしょうね。) カフェも、飲み物が2~4.5ユーロほど。このぐらいの物価で北欧で過ごせるなんて、最高すぎるでしょーーー!

f:id:otto33:20160720134707j:plain

とはいえ、外食のギリギリOKラインはカフェ休憩までで、

大人2人で30ユーロ程度かかってしまうレストランは、基本的に使わない私たち。

f:id:otto33:20160720015544j:plain

小腹がすいたらフィンランド名物のピーラッカとシナモンロールに頼り切りです。

スーパーのパンコーナーで買えば、1つ50セント~1ユーロ程度でいただけます♪

f:id:otto33:20160720015704j:plain

夜ご飯はホテルで自炊(オットが)!

スーパーの食材の値段は、ドイツとさほど変わらないし、

パスタとかドイツで安く買ったものを持ってきているので、

日常的な我が家の食卓をここヘルシンキでも楽しめています。快適。

 

 

 

旅で訪れた街で「良かった!」と思える場所には、

「刺激的な場所」と「居心地の良い場所」という2つがありますが、

私にとってフィンランドは後者。

ホームに帰ってきたかのような落ち着く感じがあるのです。

 

今後ドイツに来る用事がある際、オットはロシアやスリランカなど

トランジットで寄りたい場所がたくさんあるようですが、どうぞご勝手に。笑

私は、必ずフィンランド経由をしたいので、現地集合でよろしくお願いします。

 

あぁ、今回もあと1週間ぐらいフィンランドにいたいぞー!!

前回来た時も同じこと思った。笑

 

 

 

今日も遊びに来て下さってKiitos!!

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村