読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

ミュンヘン最後の晩餐 「麺処 匠」

f:id:otto33:20141207043300j:plain

 

もう1週間前のことですが、11月末

「ミュンヘン最後の夜ぐらい、ちょっとは贅沢をしようじゃないか」ということで

夫婦二人で久しぶりの外食してきました。

(ドイツは、外食とスーパーの食糧では税金が違うので、外食が高くついてしまうのです…)

 

 

ドイツの日本人向けフリーペーパー「ニュースダイジェスト」に

いつもクーポン付広告が載っているので気になっていたのですが、

ミュンヘン暮らしも後半にさしかかった頃になって

旧自宅から徒歩で行けることが判明し(←遅っ!)、

「ミュンヘンにいるうちに一度ぐらいは行っておきたい!!」とゴリ押し。

(和食をゴリ押すのは、たいていツマです。オットは和食食べないなら食べないで平気らしい…)

 

 

オットは「札幌豚骨ラーメン(10.8ユーロ)」、

私ツマは写真の「味卵味噌ラーメン(11.8ユーロ)」を注文。

そして、ギョウザでもつけようか…と悩みましたが

 

こっち!

f:id:otto33:20141207052120j:plain

唐揚げ(4.8ユーロ)」を選択。

鶏のもも肉といえば、基本的に骨付き肉しか買えないドイツでは、

鶏もものから揚げ、超貴重です。笑

おいしかったーー♪

 

 

豚骨は九州育ちの私たちからしてみると

「なんか甘い…?」という感想を抱いてしまいましたが、その他はかなり満足!!

店員さんも日本人ばかりで、日本語対応。日本のサービス。“似非和食店感”なし。

隣の席に座った方も偶然日本人で、その方の

「とりあえず~、餃子と唐揚げで!」との注文にも、ほっこり。

(ラーメン屋で「とりあえず」って!! と突っ込みそうになったけど、

それよりも一瞬“居酒屋の雰囲気”を味わえたことが、嬉しかったのです)

なんだか里帰りでもしたかのような気持ちになりました。

 

これから、冬のあまりの寒さに耐えられなくなった時は、

ぜひまた足を運んで、心と舌をほぐしてあげたいと思います。

 

f:id:otto33:20141207052759j:plain

 

麺処 匠 -TAKUMI-

■所:Heßstraße 71(最寄駅 Thersienstr / Uバーン U2) ■営:12:00~15:00、17:00~22:00 (土曜  12:00~22:00、日曜・祝日  12:00~21:00) ■10月より年中無休 ■URL: http://brickny.com/takumi-munich-galerie/

 

 

 

↓ランキングに参加しています↓

皆さんにとって、素敵な12月になりますよーに!

アイマール・ポチっと・ビッテ!

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村