読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

ピナコテークとあわせて足を運びたい、オシャレカフェ「Joon」

f:id:otto33:20160118200208j:plain

 

ミュンヘン市内には、3つの「ピナコテーク」とよばれる美術館が集まるエリアがあります。

 ◎ 近代美術を楽しめる「ノイエ・ピナコテーク」へ足を運んだ時の記事はコチラをclick

 ◎ 現代アートが集結する「ピナコテーク・デア・モデルネ」へ足を運んだ時の記事はコチラをclick

 

そのエリアのすぐそばにある「Cafe Joon」

地元のオシャレっ子が集まるお店です。

 

ドリンクやカフェのほかにも、

日替わりメニューのパスタやサンドイッチなどのごはんもいただけるカフェ。

(日替わりの内容は、お店のFacebookページで確認できます!)

街なかから少し離れた場所にある分、

“なじみ客” に愛されているという温かい雰囲気が感じられます。

f:id:otto33:20160118200250j:plain

f:id:otto33:20160118200228j:plain

ピナコテークに1ユーロで入場できる日曜日も営業しているので、

ピナコテークで芸術鑑賞した後に、こちらでホッと一息。

そんな素敵な休日を過ごす場所として、選んでみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

Cafe Joon

■所:Theresienstraße 114, 80333 München(Uバーン(U2) / Theresienstraße駅徒歩1分) ■営:10:00~25:00(日曜 ~18:00) ■URL:http://cafejoon.de/

 

美術館巡りは日曜日がお得です! 3つのピナコテークは通常7ユーロ(「ピナコテーク・デア・モデルネ」のみ10ユーロ)かかる入場料が、日曜日は1ユーロに。平日なら3館共通の1日チケット12ユーロを購入するのがオススメ。

ピナコテークとは? ピナコテークとは、ギリシャ語で「絵画館」という意味。アルテはドイツ語で「古い」、ノイエは「新しい」、モデルネは「現代」という意味です。なので、少し古めの14世紀ごろからの絵画を楽しみたい場合は「アルテ・ピナコテーク」へ、そして現代アートを楽しみたい場合は「ピナコテーク・デア・モデルネ」へ!! いずれも「Theresienstraße / Uバーン(U2)」駅から徒歩5~10分に位置しています。

 

 

 

今日も寒さに気をつけて1日お過ごしください☆

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村