読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

「ポーリッシュポタリー」に出会える蚤の市「Auer Dult」。

f:id:otto33:20151018224603j:plain

 

手書きの絵に独特のあたたかみがあり、普段づかいの器として食卓に彩を添えてくれる

ポーランド生まれの「ポーリッシュポタリー」

オーブンや食洗器にかけても大丈夫!という強さもあいまって、

最近、日本でも人気を高めています。

 

せっかくヨーロッパで暮らしているのですから、

ポーランドへ足を運ぶ機会があったらぜひ自分用にお土産用にと

手に取ってみたい食器ですが(実際、ポーランドで買うととても安いそうです)、

なかなかそうも簡単には言えないところ。 

 

そんな時、ミュンヘンで買えてオススメ!と言われているのが、

春・夏・秋の年3回、ミュンヘン市内のMariahilf教会の広場で行われる大きな蚤の市

「Auer Dult(アウアー・ドゥルト)」です。

 

「Auer Dult」の出店店舗にポーリッシュポタリーのテントが登場し、

それが、ミュンヘンでポーリッシュポタリーをお手頃に購入できる場となっています。

f:id:otto33:20151018224937j:plain

10月17日より開催中の今回は、

移動遊園地エリアと蚤の市エリアのちょうど間にテントが出ていました

f:id:otto33:20151018224643j:plain

グラタン皿

f:id:otto33:20151018224743j:plain

シュガーポット

f:id:otto33:20151018224818j:plain

大皿

f:id:otto33:20151018224849j:plain

どんぶりサイズも

 

マグカップだと7~9ユーロ程度、大皿などで25~30ユーロ程度。

日本の雑貨屋さんのサイトで見てみたら、マグカップで2000~3000円程度したので

確かにお買い得かもしれません。

 

私たちは、日本へ帰国する際の引っ越し費用を考えると…。

荷物を増やす分だけ、自分たちの首を絞めることになるしなぁと購入は断念しましたが、

いくつか気になる器を発見することができました。

私(ツマ)は普段、無地のお皿を選びがちなのですが、

ポーリッシュポタリーもいくつか取り入れると可愛らしい食卓になるだろうなぁ!

 

 

実は、このポーリッシュポタリーのテントは、

「日本人に買い占められる」というウワサが出るほど、ミュンヘン在住の日本人に大人気。

実際私たちが足を運んだ際も、日本人のご夫婦が何枚か購入されていましたよ。

気になる方は要チェック!です。

 

 

 * * *

 

 

さてさて。 

せっかくなので、ポーリッシュポタリーだけではない魅力あふれる

「Auer Dult」を散策してみましょ。

f:id:otto33:20151018225745j:plain

会場入り口のオルゴールおじさん。昨年も見かけたので、名物の方なのかな…?

f:id:otto33:20151018225812j:plain

Mariahilfplatz(マリアヒルフ教会広場)を会場に開かれる蚤の市

f:id:otto33:20151018225846j:plain

昨年足を運んだ時には晴天でしたが、

今年の曇天もまた、ヨーロッパらしい秋の雰囲気が味わえて◎

紅葉がとてもきれいでした

f:id:otto33:20151018225551j:plain

食器や日用品(新品)をはじめ、骨董品、古本、食べ物から移動遊園地まで

数多くのテントが軒を連ねます

f:id:otto33:20151018225348j:plain

Rahm Schmankerl(3.5ユーロ)

土曜日の昼過ぎに空腹状態で会場に着いたので、

美味しそうな匂いにつられ、1つ買って夫婦二人で半分こしました

f:id:otto33:20151018225408j:plain

コーヒー(2.3ユーロ)とケーキ各種(1切れ2ユーロ)。あら、ケーキがお安い。

こちらもチーズケーキを1つ買って夫婦二人で半分こ

f:id:otto33:20151018225635j:plain

パンとサラミのテント。ドイツっぽい~!

ほかにも、ホットココアやグリュンワインのテントなどもありました

クリスマスマーケットが待ち遠しくなるような出店のラインナップですね

f:id:otto33:20151018225952j:plain

古本屋のテント

f:id:otto33:20151018230011j:plain

ドイツ語は分からないけど、本や新聞(?)が無造作に置かれたこの感じがオシャレ

f:id:otto33:20151018230050j:plain

何を作るわけでもないのに欲しくなっちゃう、レトロなボタンたち

f:id:otto33:20151018230246j:plain

ポーリッシュポタリー以外にも、たくさんの食器のテントが登場していました

f:id:otto33:20151018230224j:plain

クッキーなどの型。使いづらそうだけど、昔ながらっていう感じで素敵!

f:id:otto33:20151018230150j:plain

骨董品の中に紛れ込んだ落ち葉たち

 

気温が低くて寒かったけれど、

秋の魅力あふれる雰囲気を感じられた素敵な一日になりました。

 

オットは初の「Auer Dult」でしたが、

「これまでドイツで行った蚤の市で一番楽しい!」のだそう。それは良かった。

私は昨年秋(その時の記事はこちらをClick!) に続いて2度目でしたが、

昨年とはまた出ているお店のラインナップが異なり、新たな発見がある散策に♡

「もう行ったことあるしなぁ」なんてあぐらをかいていてはダメですね。

これは来年の春も行ってみなくちゃ!

まだ足を運んだことがないという方、25日(日)まで開催中です。ぜひ。

 

 

 

アウアー・ドゥルト(Auer Dult)

■所:Mariahilf教会(マリアヒルフ)の広場 ■アクセス:トラム17番(KarlsplatzやSendlinger Torから乗車→Mariahilfplatz下車)、バス52番(MarienplatzやSendlinger Torから乗車→Schweigerstraße下車) ■営:10:30~20:00(10月開催時のみ ~19:00) ■URL:http://www.auerdult.de/

【2015年のスケジュール】 10月17日〜10月25日 

【2016年のスケジュール】 4月30日〜5月8日、7月30日~8月7日、10月15日~10月23日

【2017年のスケジュール】 4月29日〜5月7日、7月29日~8月6日、10月14日~10月22日

 

 

 

 

f:id:otto33:20150630180023j:plain

f:id:otto33:20151018224423j:plain

10月15日:ブロッコリーのガーリックソテー、ジャーマンポテト、切り干し大根、わかめ入り卵焼き、ホウレンソウのハム巻き、五穀米 mit ゆかり

 

 

 

今日も遊びに来て下さってDanke schön!!

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村