読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫33歳、ピカピカの1年生

ドイツでフローリストマイスターをめざすオットと、ついてきたツマの日常。(2014年9月~ミュンヘン・フライジングで生活 / 2016年7月オットの卒業とともに帰国しました)

ミュンヘン散策 / ローゼンハイマープラッツ編

f:id:otto33:20160609003423j:plain

【関連記事】ミュンヘン散策 / ハイドハウゼン地区

 

昨日の記事でご紹介したハイドハウゼン地区の散策ですが、

Rosenheimer Platz駅を降りてから目的の方面に歩み出す前に

ちょっと別の方面も気になったので、フラッと散策してみました。

 

ハイドハウゼン地区を散策するなら、

この辺りも併せて街歩きしてみても良いかも♪ と思ったので、ご紹介します。

f:id:otto33:20160609003448j:plain

昨日の記事でご紹介したのは赤いルートで、今日ご紹介するのは黄色で囲んだエリアです。

f:id:otto33:20160609010611j:plain

Rosenheimer Platz駅からOst駅に続くヴァイゼンブルガー通りを進んでいると、

Weißenburger Platzにマルクトが出ていました。

f:id:otto33:20160609010141j:plain

木漏れ日の中のマルクト、雰囲気良いですね♪

f:id:otto33:20160609010021j:plain

この辺りは、「フランス街」とも言われているそうで、

ちょっとしたお店の店構えも可愛らしい雰囲気。

f:id:otto33:20160609010541j:plain

気になる雑貨屋さんもちょこちょこと発見しました。

 

午前中に散策したので、街が動き出す時間帯というか…朝のさわやかな空気に包まれた雰囲気が最高でした。

でも、雑貨屋さんを巡るなら、絶対午後がオススメ!

私が通りかかった雑貨屋さん、ほとんどまだ開いていませんでした。

街散策は午前中が気持ち良いけど、雑貨屋巡りは午後じゃないとできない。う~ん、悩ましい問題だ。笑

 

 

そして、この辺りを歩いていて気づいたのが、

住宅街にこじんまりとしてこじゃれた(けれども、決して洒落すぎていない)

カフェが、たくさんあるということ。

(テラス席でくつろぐ人がたくさんいるところに堂々とカメラを向けるのは気が引けて、写真は撮っていませんが)

学生がたくさん集うシュバービング地区の活気あふれる雰囲気とは違うけれども、

老若男女、地域の人たちがそれぞれのペースで集えるカフェが豊かにあるというのは、とても素敵です。

 

街をブラりと散策して、気になったカフェでひと休み♪

そんな気ままな過ごし方がよく似合う、Rosenheimer Platz駅周辺 路地裏めぐりでした。

 

 

 

f:id:otto33:20150630180023j:plain  

f:id:otto33:20160609144521j:plain

6月9日: ズッキーニの塩コショウ焼き、切り干し大根、プチトマト、白身魚のフライ、ほうれん草のオムレツ、ごはん mit ゆかり   昨日行ったスーパーで、あとは揚げるだけの「白身魚のフライ」、しかも冷凍じゃないもの、さらに安いものを発見して小躍り!冷凍庫がない我が家にとって、冷凍庫いらずの魚はありがたい限り♪

 

 

 

今日も遊びに来て下さってDanke schön!!

↓ ランキングに参加しています ↓

みなさんのポチっとでランキングが上昇します♪

書く励みになりますので、

「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村